中国共産党ー終焉の始まり


新型肺炎の流行は、拡大を続けている。
収束の兆しは、今のところない。
共産党執行部は、地方の下っ端、4000人を処分した。
問題は、すべて下級党員にあり、北京には何の責任もない。
北京には、神の如き共産党執行部が控えている。
彼らの常套手段である。
21世期、そんな与太話が通用する時代ではない。
中国共産党の賞味期限は、すでに切れかけている。
世界はそう見ている。
体制の崩壊は、革命と抱き合わせである。
地域としての中国は、革命の繰り返しによって成立してきた。
そして、その度に、人民には塗炭の苦しみがもたらされた。
文化大革命の犠牲者は、4千万とも、7千万とも、1億とも云われる。
一党独裁の終焉、今回はどんな悲劇が待っているのだろうか?